七草の根っこは食べる?七草の栄養と効能やアレンジレシピ。

七草雑記

1月7日は「七草の日」として、7種類の野菜(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)を入れたお粥を食べる習慣があります。スーパーで売られている七草粥セットは根っこもついていますが、一緒に食べていいのか疑問に思った方も多いでしょう。

結論からいうと、七草粥ではスズナ、スズシロ以外根っこは食べません。切り取ってから調理しましょう。

それでは、それぞれの栄養価や効能、アレンジレシピなど見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

七草の栄養価と効能

セリ・・・ビタミンやミネラル、βカロテンなどが豊富。風邪予防や美肌効果。

ナズナ・・・ビタミンやミネラルなどが豊富。生活習慣病予防や疲労回復。

ゴギョウ・・・詳しい栄養成分は不明。

ハコベラ・・・タンパク質、カルシウム、ミネラルなどが豊富。止血作用や抗菌作用。

ホトケノザ・・・詳しい栄養成分は不明。

 

スズナ・・・根は消化酵素のアミラーゼを含む。胃もたれや胸やけ解消。

スズシロ・・・根はでんぷん分解酵素のジアスターゼを含む。胃もたれや胸やけ解消。

 

スズナ、スズシロは葉の部分にもβカロテンなど栄養素が豊富なので一緒に使いましょう。

 

スポンサーリンク

七草のアレンジレシピ

 

まとめ

七草には豊富な栄養が含まれていることがわかりました。お正月暴飲暴食したひとは、七草粥で胃腸の調子を整えましょう。