チャイルドシートのベルトがゆるい!設置するときに気を付けるポイント

チャイルドシート子育て

チャイルドシートで新生児が苦しそうな時は、チャイルドシートが正しく設置されていない可能性があります。

  • ハーネスの長さ
  • 背もたれの角度
  • チャイルドシートの固定方法

この辺りを確認しましょう。

この記事では、

  • チャイルドシートを設置するときに気を付けるポイント
  • チャイルドシートを後ろ向きに設置する理由
  • チャイルドシートに乗せるときに気を付けるポイント
  • チャイルドシートを前向きに変えるタイミング

について解説します。

 

スポンサーリンク

チャイルドシートのベルトがうまくしまらない

ハーネスの長さ

ハーネスの長さを調節し、体にぴったりとフィットさせます。赤ちゃんの肩とハーネスの間に隙間ができて赤ちゃんが上下方向に動かないようにしましょう。

 

背もたれの角度

座るタイプのチャイルドシートは、お母さんに抱っこされている時の赤ちゃんの身体の角度を採用したものです。首が前に傾いていたり、お腹を圧迫したりしないようにします。事故の衝撃と赤ちゃんへのストレスを最小限に抑えるため背もたれの角度は45度前後にしましょう。

 

チャイルドシートの固定方法

チャイルドシートを車に固定する方法は、シートベルトで固定する方法と車の固定金具(ISOFIX)に取り付ける方法があります。

シートベルトで取り付ける場合は手順が複雑な場合があります。取り扱い説明書をよく確認して、たるまないようにしっかりと締め付けましょう。

チャイルドシート固定機能付シートベルト(ALR)とは
シートベルトを全て引き出せば巻き込み方向にのみ動きますが引き出せなくなります。チャイルドシートの取り付けに緩みが生じにくく、取り付けが比較的容易です。

 

子供をシートベルトで遊ばせないよう注意!
子供がシートベルトで遊んでいて誤ってALRに切り替わると、首や体に巻き付いて緩められなくなり重大な事故になる恐れがあります。万が一シートベルトが緩められなくなったらはさみなどで切断しましょう。

 

固定金具(ISOFIX)に取り付ける場合は、車種ごとに指定されたISOFIX対応チャイルドシートを組み合わせて使用します。車の取り扱い説明書等で適合するチャイルドシートをご確認しましょう。

 

助手席はエアバッグによる衝撃に注意!

後ろ向きに設置する場合、エアバッグが開いた際にチャイルドシートと接触して、吹き飛ばされてしまう危険性があります。安全のためできるだけ後部座席に設置しましょう。

 

スポンサーリンク

チャイルドシートで新生児を乗せるときはなぜ後ろ向き?

チャイルドシートに新生児を後ろ向きに乗せる理由は、衝撃を最小限にするためです。

前向きに設置した場合、ベルトで骨格を固定して保護しますが、生まれたばかりの赤ちゃんは骨格が未発達のためしっかり固定されずに、ベルトの間から飛び出してしまう恐れがあります。また、頭が前に強く振られるため首がすわっていない新生児には大変危険です。

後ろ向きに設置することで、背もたれ全体で衝撃を吸収することができるのです。

 

チャイルドシートで新生児を乗せるときに気を付けるポイント

ドアの開閉に気を付ける

赤ちゃんを車に乗り降りする際は、ドアを全開まで開けられるよう十分なスペースを確保します。その際前後から車等が来ていないか注意しましょう。

やけどに注意

炎天下で車内の温度が上がっている場合、バックル、ベルトなどの温度が上がっており赤ちゃんがやけどするおそれがあります。座らせる前に触って温度を確認しましょう。

 

チャイルドシートを前向きに変えるタイミング

従来に基準では体重10キロ未満とされていましたが、2017年9月には「1歳3か月まで」「身長83センチまで」は後ろ向きで使える構造にするという国の規則が導入されました。

 

また乳児用チャイルドシートを使用する期間について、国土交通省のホームページででは、「体重:13kg未満、身長:70cm以下、年齢:新生児から1歳くらい」とされています。(https://www.mlit.go.jp/jidosha/child/

 

あくまで目安ですので、赤ちゃんの成長に合わせる必要があります。

チャイルドシートの背もたれから頭がはみ出さない時期を目安にするとよいでしょう。

 

まとめ

新生児のチャイルドシートは後ろ向きに設置しましょう。

また、後ろ向きに設置する場合はエアバッグ装着車では助手席は危険です。

前向きに設置するのは、子供の成長にあわせて背もたれから頭が出始めるころを目安としましょう。