ボールペンをプレゼントする意味|送る相手によっては注意が必要?

ボールペンとアヒルの置物くらし

我が子へのプレゼントだったり、親戚の入学祝いや、就職祝い、同僚の転勤や昇格祝いだったり、ボールペンをプレゼントしたこと1度はあるのではないでしょうか?

値段は数万円する高級なものから、手ごろなものまで幅広くそろっています。またボールペンは実用的で季節やシーンも選ばないため、もらった方も嬉しいプレゼントの一つだと思います。

この記事ではボールペンをプレゼントする意味について解説します。

 

スポンサーリンク

ボールペンをプレゼントする意味

ボールペンをプレゼントするのは「あなたは特別な存在です」という意思表示です。これは異性としてではなく、お世話になっている、尊敬している、期待しているなどのニュアンスとしての特別な存在という意味です。

また、実用性から「仕事や勉強を頑張ってほしい」という意味合いも含まれています。そのため上司や目上の方に送ると失礼に当たる場合がありますので注意が必要です!

 

スポンサーリンク

ボールペンのプレゼントが喜ばれる理由

ボールペンは自分で買う場合、機能性やコスパ優先になりがちです。購買の優先順位が低いので、欲しい高級ボールペンがあってもなかなか買えません。

そのため相手の実用性にあったちょっと高級なボールペンはプレゼントとして大変喜ばれるでしょう。送った相手が仕事や勉強などのモチベーションが上がったら、送った方としてもうれしいですよね!

 

ボールペンをプレゼントする相手

転勤や昇進祝い

転勤や昇進が決まった上司や同僚には今後も仕事を頑張ってほしいという応援の気持ちを伝えたいもの。新しい職場環境で不安もあるなか、日常の仕事やプライベートでも使うことが多いボールペンは喜ばれるでしょう。

 

保育園や幼稚園の先生に

保育士の先生は日々の申し送りなど書き仕事も以外と多いもの。卒園するときに長い間お世話になった先生へのプレゼントにボールペンは最適です。クラス全員で渡せば一人当たりの出費も抑えることができていい品物を送ることができます。個人的に送りたい場合は、園によっては受けとってはいけない決まりになっているので事前に確認しておきましょう。

 

学生の進学祝い

学生は勉強にももちろん使います。そのため、今後も実用的に使ってもらえるプレゼントと言えます。中学生~成人までどの年代でも喜ばれます。私も息子の中学校の入学祝にボールペンを含む文房具セットをプレゼントしましたし、卒業時に学校のPTAからは名入れボールペンをプレゼントされました。中学生の入学時は、使う文房具が大きく変わる時期でもありボールペン・シャーペンのプレゼントは一つ大人になった気がしてうれしいようですね。

 

「あなたは特別な存在です」という意味が込められているため奥さんや旦那さん、彼氏や彼女の関係にある大切な人に送るには最適です。ただし、恋愛感情のない相手に送る場合あまり高額だと「自分は特別な存在だ」と勘違いされる可能性があるので注意!

 

ボールペンをプレゼントにおすすめの種類

ボールペンの好みは個人差があると思いますが、入学祝いなどで人気があり書きやすいおすすめは、ジェットストリームです。ものすごく滑らかな書き心地です。字がきれいになったような気すらします。

アクロボールも書きやすいです。3色や4色のボールペンは学校の授業中も便利です。大事なところの文字色をペンを持ち変えなくてもさっと変更できます。ただ、4色以上多くなると私は使いにくかったです。

また、油性のボールペンは間違った時に消せないので、学生の方にはフリクションも喜ばれそうですね。

就職祝いには、高級なブランドのアイテムはどうでしょう。パーカーモンブランなど社会人として1本は持っていたいアイテムです。

名入れをされた世界に一本のボールペンなら特別感がUPしますね。きっといつまでも、大切にしてくれると思います。

最近は、社会人として高級なボールペンを1本は持っていたいと思う方もいれば、機能性でコスパの良い方を好む人もいるようです。相手の使うシーンをイメージして選ぶことをおすすめします。

仕事関係の相手にはにはフリクションはコピーができないこともあったり、法的に重要な書類には不向きだったりしますので油性のボールペンが無難でしょう。

 

ボールペンをプレゼントするときの相場

学生へのプレゼントでは書きやすく使いやすいものが、社会人へのプレゼントでは1本は持っていたい少し高級なものが喜ばれます。プレゼント用として扱われるボールペンは、数千円~数万円とピンキリです。

相手の年齢別の相場は学生や20代の新社会人には2000~10000円、30代のある程度出世している社会人には10000~30000円、40代以上の役職者には30000円~です。

あくまで目安ですので、ちょっとしたプレゼントには2000~3000円、大切な人へのプレゼントには10000円など予算に応じて使い分けるとよいでしょう。

 

ボールペンをプレゼントするときの包み方

プレゼントを渡すとき、ひと手間かけてこだわったラッピングをするとより気持ちが伝わり喜ばれるでしょう。

  • 細長いおしゃれな箱に入れる・・・手軽で簡単、お店によっては無料でサービス
  • 袋に入れてリボンで結ぶ・・・見た目がかわいらしくなり女性向け
  • 紙で包む・・・紐やタグをつけるとかわいくなる
  • ペンポーチに入れる・・・文具セット風に他の文具と一緒に

 

ボールペンをプレゼントにおすすめブランド

パーカー

1888年にジョージ・サッフォード・パーカーが創業。英国王室御用達の称号を持つ高い品質と高級感あふれる洗練されたデザインで贈り物としても人気のペンブランドです。矢羽を模したクリップが特徴。

 

ウォーターマン

1883年に世界で初めて毛細管現象を応用した万年筆を発明したウォーターマンは「万年筆の祖」と称されている。贅沢な素材を使った美しいデザインでエレガンスを象徴するパリのスタイルを体現。

 

モンブラン

ドイツで1906年創業のシンプロ・フィラーペン社から続く高級筆記具メーカー。1924年にモンブランブランドの代表作「マイスターシュテュック」が発売されて大ヒットした。有名な作家に愛用者が多い。

 

クロス

1846年創業のクロスはアメリカを代表する高級筆記具メーカーで大統領が愛用するブランドとして有名です。筆記具のデザイン・機能の分野において米国で26、英国で7つもの特許を取得。伝統を感じる高級感溢れるデザインと高い技術力で人気のブランド。

 

プレゼントに最適!ハーバリウムのボールペン

ハーバリウムとは、お花を小瓶などにオイル漬けしたインテリアフラワーです。生け花と違ってお手入れの必要がなく、枯れる心配もないため手軽にインテリアとしてお花が楽しめると人気です。

ハーバリウムをどこにでも持ち歩けて、事務作業中も手元で揺れるお花を楽しめる。それがハーバリウムボールペンです!

  • 見た目がおしゃれでかわいい
  • 価格も数千円~と手ごろ
  • 手作り可能

心のこもった手作りのハーバリウムボールペンをプレゼントすれば、男性も女性も大喜び間違いなし!(ただし、年配の方へのプレゼントとしては微妙かな(^^;)

 

 

まとめ

ボールペンは、入学や卒業祝い、就職など定番のプレゼントです。種類も値段も幅が広く、選びやすいプレゼントだと思います。大きさ的にもちょうど良く、使う頻度も高いのでもらった後も役立ってくれます。プレゼントした相手がずっと使ってくれているのを見るとプレゼントした側も嬉しいですね。