ディズニーのハロウィン仮装はどこまでOK?フル仮装のルールや着替える場所

ハロウィン仮装する子供おでかけ

せっかくハロウィン時期にディズニーを訪れるなら全身バッチリ仮装して楽しみたいとお思いの方も多いのでははないでしょうか?

しかしディズニーでは仮装に関して細かいルールが設定されています。

このルールを知らずに仮装して出かけた場合、最悪入場できないことになりかねません。

 

この記事では、

ディズニーのハロウィン仮装はどこまでOK?フル仮装のルールや着替える場所

についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーのハロウィン 仮装はどこまでOK?

ハロウィンイベント期間中は、毎日ディズニーキャラクターのフル仮装で入園できます。

ただしディズニーの仮装については細かくルールが決まっているので、入場の際に厳しくチェックされるでしょう。

あくまで私服の範囲内での、バウンドコーデ、プチ仮装のレベルでないと入場できない可能性があります。

 

バウンドコーデとは
ディズニーキャラクターを連想させる私服のコーディネートのこと。
アメリカでハロウィン時期以外でもディズニーパーク内でコスプレを楽しみたいとやりはじめたのが発祥。

 

ちなみに上記制限は大人の場合です。

ハロウィン期間に限らず小学生以下の子供は一年中仮装しいいことになっています。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーのハロウィン フル仮装のルール

ディズニーではフル仮装についても細かいルールが設定されています。

以下NGとなる仮装です。

 

ディズニーのキャラクター以外

仮装できるのは、ディズニー作品に登場するキャラクターやパレード、ショーの出演者のみです。ディズニーのキャラクターでもイメージを損なう仮装やマナー違反と判断された場合入園できません。過度のオリジナリティ演出は控えた方がよさそうです。

ちなみにディズニーのキャストのコスチュームもまぎらわしいのでNGです。

仮装対象作品一覧はディズニー公式サイトで確認できます。

 

過度の露出

おなかや肩が出ている、水着や下着による仮装など露出が多いものは対象外となります。ぴったりした全身タイツもNG。

 

裾を引きずる丈の長いドレスや装飾など

地面を引きずる丈の長いものやワイヤー加工の幅広ドレス等はアトラクションに乗れない可能性もありやめた方がいいです。

 

顔がわからない装飾・メイク

顔全体を塗る、口元全体のひげ、お面・つけ鼻・ゴムマスク等表情がわからなくなるもの。またリアリティのある血のりや傷などもやめましょう。

 

その他持ち込み禁止の小物

  • 棒や長い杖は手荷物(60㎝×50㎝×25㎝)に入る大きさ
  • ヘルメット・スポーツ用品、楽器
  • 危険物(ナイフやモデルガン、先のとがったものなど)
  • インラインスケート、キックボード、スケートボード

 

 

スポンサーリンク

ディズニーのハロウィン 着替える場所

ディズニーのハロウィンでは着替えスペースは用意されていません。

着替えやメイクは、ご自宅や宿泊先のホテルで済ませてから出かけましょう。

東京ディズニーリゾート内のレストルームなどでの着替え、メイクはできません!

 

ディズニーのハロウィン 口コミ