川崎大師【2022】入場制限や混雑予想、参拝時間、駐車場

川崎大師おでかけ
スポンサーリンク

神奈川県川崎市にある「川崎大師」の総本山は、京都東山七条にある智積院です。

成田山新勝寺(千葉県成田市)、髙尾山薬王院(東京都八王子市)とともに真言宗智山派寺院のひとつです。正式な名称は、「金剛山 金城院 平間寺」(こんごうさん きんじょういん へいけんじ)といいます。

川崎大師は「厄除けのお大師さま」として親しまれ、関東近郊はもちろんのこと、全国からもたくさんの信仰を集めています。

この記事では、川崎大師【2022】入場制限や混雑予想、参拝時間についてまとめました。

 

スポンサーリンク

川崎大師 入場制限

通常時に入場制限等は実施されていませんが、毎年300万人が訪れる初詣期間中は境内への入場規制が実施されています。最新の情報については、川崎大師公式ホームページで確認してお出かけください。

また参詣時には、新型コロナウイルス感染対策として以下を呼び掛けています。

  • マスクの着用
  • 消毒液の使用
  • 間隔をあけてのお参り

 

スポンサーリンク

川崎大師 混雑状況

川崎大師の初詣は、毎年多くの人が訪れており、その数は約300万人と言われています。

年末年始で、予想される混雑時間帯は次のようになっています。

混雑時間帯

12/31 23:00頃 ~ 1/1 3:00

年越しのカウントダウンをする人でいちばんにぎわう時間帯です。

1/1 8:00 ~ 15:00

年明けの朝から日中にかけて、さらに人出が増える時間帯です。お正月の三が日は、朝から日中にかけて混雑が続くと思われます。

 

混雑を少しさけるには、次のような時間帯がおすすめです。

ねらい目時間帯

早朝 5:00~7:00

夕方 17:00~

早朝は、交通機関(動いている時間によります)や道路も空いているので、いちばん動きやすく、ねらい目の時間です。夕方は人出が減り始めた頃に、落ち着いて参詣することができそうです。

早朝や夕方は、人の混雑をさけることはできますが、やはり冬のいちばん寒い季節なので、朝晩の“防寒対策”が必要になります。日中でも、長い行列の待ち時間には、寒さがこたえます。暖かい服装と、歩きやすい靴でお出かけすることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

川崎大師 参拝時間

◇大本堂 開扉時間

(4月~9月) 5:30~18:00

(10月~3月)6:00~17:30

 

◇お護摩〈ご祈祷〉受付時間

午前: 6:00 / 9:00 / 10:30 / 11:30

午後: 1:00 / 2:00 / 3:00 / 4:00

 

※お正月、行事等により時間の変更あり

※予約不要

※お護摩祈祷にご参拝できない方には、インターネットでご祈祷したお護摩札の郵送も受け付けています。

 

「お護摩」とは

焚く、焼くなどの意味をもち、仏の智慧(ちえ)の火をもって煩悩(=苦の根元)を焼きつくすことをあらわす。1月1日(元日)は除夜の鐘とともに、大本堂にて 「元朝大護摩供」(がんちょうおおごまく)が行われます。

 

川崎大師 駐車場

川崎大師には、「自動車交通祈祷殿」に隣接した専用駐車場があります。

初詣の際は、交通祈祷に来る車も増えて、駐車場は常に満車となります。

車を利用する場合、周辺道路は混雑し渋滞するので、大師に到着するまでの時間がなかなか読めません。

車の混雑をさけるなら、電車の利用が一番のおすすめです。

川崎大師は、最寄りの駅から歩いて行ける便利な場所にあります。

 

◇川崎大師 専用駐車場

・場所: 神奈川県川崎市川崎区大師河原1-1-1

・料金:駐車無料

・台数:普通車 700台/ 大型バス(マイクロバス含む)40台

・利用時間: 8:00~17:00

※大師河原の自動車交通安全祈祷殿に併設

 

川崎大師 交通規制

川崎大師では、初詣期間中に周辺道路で交通規制が実施されます。公式ホームページでお知らせがありますので事前に確認しておきましょう。

 

川崎大師 御朱印

川崎大師では、5か所で御朱印を受け付けています。

  • 大本堂
  • お護摩受付所
  • 不動堂
  • 薬師殿
  • 自動車交通安全祈祷殿

 

それぞれのお堂で、違う種類の御朱印を受けることができます。

各受付所では、御朱印帳を取扱っています。

  • 錦織(紺・朱色の2色) 1冊 ¥1,300(御朱印代込み)
  • イラスト(稚児大師さま・遍路大師さま) 1冊 ¥1,000(御朱印代込み)

 

 

川崎大師 基本情報

住所

神奈川県川崎市川崎区大師町4-48

交通アクセス

【電車】京浜急行大師線川崎大師駅から徒歩約8分

【車】首都高横羽線大師ICから駐車場まで約5分、首都高速 川崎線 大師出口から約1分

【バス】JR川崎東口バス乗り場7番より〔川23系統〕大師行き「大師」バス停 より徒歩8分

営業時間

境内終日開放

定休日

なし

駐車場

700台 無料

 

まとめ

毎年300万人が訪れる初詣期間中は境内への入場規制が実施されています。

混雑時間帯は12/31 23:00頃 ~ 1/1 3:00、1/1 8:00 ~ 15:00

ねらい目時間帯は、早朝 5:00~7:00、夕方 17:00~