ランドセルをリメイクするなら椅子がおすすめ!思い出をずっとそばに…

ランドセルくらし

小学校生活の6年間をともに過ごしたランドセル。大切な思い出もたくさん詰まっています。でも、中学生になるともう使うことはなくなります。ただ、捨てられないですよね。そんな時におすすめしたいのが、ランドセルのリメイクです。ランドセルリメイクは色んなものがありますが、椅子にリメイクするのはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

ランドセルをリメイクするなら椅子がおすすめな理由

 

一年生のころは体より大きかったランドセルが、卒業のころには小さく見えます。晴れた日も、雨の日も、一緒に登校したランドセル。楽しかった思い出も、つらかった思い出も詰まっています。お子さんだけでなく、親にとっても子どもの成長の思い出ですよね。使わないとわかっていても、捨てることができないかたも多いのではないでしょうか。

 

ランドセルは防水性や耐久性に優れているので汚れてもサッと拭くだけできれいになります。ランドセルのリメイクはミニランドセルにしたり、カバンにしたり、財布にしたりも人気ですが、私のおすすめは椅子です。すごく実用的です。家族全員が使えますし、ランドセルって、革でできているのでとても丈夫です。一部だけを使うリメイクと違って、椅子はランドセルのかぶせの部分をそのまま使うので、ランドセルを横向きにしておいているようです。

 

6年間使っていると、ランドセル表面にも傷がついたりしますが、その思い出も含めて椅子になるのです。世界で一つのプライスレスな椅子ですね。私には中学生の息子がいます。ランドセルのリメイクをどうしようかと思いながら、リメイクをするとしても何にリメイクしようか悩んでまだできていません。押し入れに不織布のカバーで包んで大切に保管しています。でも、保管しているとずっと押し入れにあるのですよね。何か別の用事で押し入れを開けた時に、「あっ、ランドセルここに置きっぱなしだった」と思い出すけど、また押し入れにしまってしまう。それなら、リメイクして家族の目につくところに置いておきたいなと思うのです。

 

息子にランドセルのリメイクの話をしたら、自分の部屋のベッドの側に置いて、目覚まし時計を置きたいから椅子にしたいと言っていました。我が家のリメイクは、6年間使ってきた本人の希望を優先し、椅子にしようと思います。椅子にリメイクしたら、椅子として使うのはもちろんですが、部屋のインテリアにもなりますね。普段は目覚まし時計置きにしていても、友達が遊びに来た時は友達用の椅子にもなります。他にも、バック置きや、アウトドアで利用したり、玄関で靴を履くときに使ったりいろいろと役立ちます。

 

 

スポンサーリンク

ランドセルを椅子にリメイクするおすすめの工房

/生地:人工皮革 カラー:黒 フレーム:ウォールナット ▼ランドセルのリメイクはこちらから @randsel_stool 【ランドセルスツール】 〒420−0874 静岡県静岡市葵区辰起町8−12 URL:https://randsel-stool.com Mail:stool@hinokicraft.jp Tel:054-274-1800 #ランドセルスツール#ランドセルリメイク#ランドセル#リメイク事例#ヒノキクラフト#セイバン#ランドセルスツールセイバン

参考画像:https://randsel-stool.com/

職人さんがランドセルから折りたたみ椅子を丁寧に作ってくれる工房です。

※価格は16,000~19,000円ほどです。

※交換用の帆布やサドルレザー、開き留めベルトなどのオプションがあります。

ランドセルスツール
ランドセルのリメイク・小学校6年間使用した大切なランドセルを、無垢家具メーカーが実用的なスツールへとリメイクいたします。椅子としてだけでなく、ちょっとしたものを置く台としてもおすすめ。フレームは人気のウォールナットなど3種類からお選びいただけます。

 

 

リメイクをしたくても、ランドセルの状態によってはできない場合があります。表面がヒビ割れていたりしてひどく破損しているなど劣化が激しい場合です。かぶせのヒビが入っていない部分を1分ほど折り曲げてみて、ヒビが入ったり裂けたりするようなら、残念ながらリメイクを断られる場合があるので、一度試してみてください。ボロボロでも、折り曲げた時にひび割れにならなければリメイクはできます。判断が難しい場合は、事前にメールで写真を送るなどしてリメイク可能か確認しましょう。

 

まとめ

ランドセルを見ていると、嬉しそうに体の半分ほどを占めそうな大きなランドセルを背負っていた息子の姿を思い出します。子どもにとっても親にとっても思い入れのある大切なもの。しまい込んで傷んでしまい、リメイクができなくなってしまう前に、新たな命を吹き込んでみませんか?