Chromebookは何ができる?どんな人におすすめ?

ノートパソコン雑記

2020年に入り、小中学校の生徒「1人1台端末」が進められています。その教育現場で使用するPCとしても採用され、グローバルシェアがMacより上、とも言われ始め話題になっているChrome book。

教育現場でも採用されていることから、低価格で初心者にも使いやすいパソコン?なのかな?と想像できますが、ビジネスマンの外出先での使用や、サブマシンとしての評価も上々のようです。スマホだと画面も小さいし、パソコンだと持ち歩くには大きい。低価格で使い勝手のいいPCタブレットを探している人にはChromebookは「ちょうどいい」選択かもしれません。

この記事では、Chromebookは何ができるのか?またどんな人におすすめなのか?について解説します。

 

 

スポンサーリンク

Chrome bookは何ができる?

WEB閲覧、ネットショッピング、メール、写真を見たり加工したり…など普段スマホでしているようなことは、大きな画面で快適にできます。が、本格的なクリエイティブ作業や、負荷のかかるような高画質ゲームなどには不向きです。

ChromebookにはWordやExcelなどのソフトは入っていませんが、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートは互換性がありますし、MicrosoftのアプリをダウンロードすればWord、Excelも問題なく使えます。

ウェブブラウザ上での作業だと、ネットが繋がらないところでは使えないのでは?と心配になりますが、Googleドライブ内のファイルはオフラインでもアクセス・編集することができます。変更内容は一旦本体に保存され、ネットにつながったときに自動で変更内容を同期してくれます。

また、あらかじめ本体にダウンロードしておけば、動画を見たり、電子書籍を読んだり、写真を見たりすることは可能です。

ただし、本体に保存しておける容量が少ないモデルが多いので、クラウド保存が推奨されています。クラウドにデータやファイルを保存しておけば、自身のスマホやパソコンからデータへアクセスしたり、他の人との共有もしやすく便利です。

 

 

スポンサーリンク

Chromebookはこんな人におすすめ!

・予算は10万円以下!

・PCは欲しいけどたまに使う程度

・主な使用はWEBの閲覧や資料作成、電子書籍

・PC初心者。詳しくないから、買ってきてそのまま使えるのがいい!

・2台目。サブマシンとして

・子供と一緒に使いたい

 

学校でも使われていることから、子どもや学生にもこれから人気が出てきそうです。また、低価格なのでPC初心者や、外出先でサクサク仕事をしたいビジネスマンにも「ちょうどいい」と言えます。

 

 

Chromebookとは

Chromebookとは、WindowsでもMacでもなくGoogleが作ったOS(基本ソフト)「Chrome OS」が搭載されたノートPCのことです。

「Google検索」「Gmail」「Googleマップ」「Googleカレンダー」などGoogleのWEBアプリをスピーディに扱うことに特化したOSです。ネット検索をしたり、動画を観たり、書類作成をしたり、画像編集など、大半の作業をウェブブラウザの「Chrome」上で行います。

そのため、Chromebookは本体にデータを保存しておくためのストレージが少ないモデルが多く、容量や動作が重いソフトウェアを動かすのは苦手ですが、WEBアプリならサクサク反応よく使えます。

 

 

Chromebookの特徴

  • 電源ONからログイン画面までが約10秒
  • セットアップが簡単!買ってきてすぐに使い始められる。
①電源ボタンを押す ②キーボードの設定を英語か日本語か選択 ③ネットワークを設定(スマホでWi-Fi接続する方法と同じ) ④GmailのIDとパスワードを入力する。以上!
  • GooglePlayのアプリが使える(あらゆる用途のアプリが200万個以上)
  • データはすべてクラウド(Googleドライブ)に保存(15GBまで無料)するため、バックアップが不要。スマホやパソコンとの同期や、共有も簡単。
  • 強固なセキュリティでウィルス対策が不要、自動で最新にアップデート

 

普段スマホで使っているアプリを大きな画面で使え、パソコンのようにキーボードやマウスで操作できます。スマホのようにタッチスクリーンにも対応しているので、まさにスマホとパソコンのいいとこどりです。

家族で使うなら、ユーザーの切り替えも簡単にできますし、アプリを使えば使用時間の設定やWEBの閲覧やインストールを許可制にすることもでき、お子様にも安心です。

そしてなにより、価格の安いモデルが多い!3〜6万円台の価格帯が主流なので、お手頃価格でノートパソコンが手に入ります。

 

 

まとめ

リモートワークも進み、今や職場以外の場所で仕事をすることも増えてきました。見逃したテレビ番組、映画を外出先のカフェや電車の中で視聴することだってできます。さまざまな便利なアプリを使えば、スマホひとつであらゆることができるようになりました。

でも、スマホのメリットでありデメリットは、大きさ。文字を読んだり、動画を見たり、ちょっとした作業をするには小さく、そういった使い方が多い場合は、なおさら感じることでしょう。

パソコンだと、持ち歩くにも起動するにも、ちょっと手間を感じてしまう。低価格でサクサク使えるサブマシンがあれば…、と思っている人にはChrome bookは上位に入ってくる選択肢になるでしょう。もちろん、初めてパソコンを使う人にとっても、スマホのちょっと大きい版くらいの感覚で、すんなりと始められるのではないかと思います。

Chrome bookもメーカーによって、ノートパソコンのようなもの、タブレットに取り外せるキーボードがついたものなど、価格帯や、容量、サイズ、選択肢はいろいろあります。

どんな使い方をしたいのかをよく考え、自分にとっての必要充分な賢い選択、お買い物ができるといいですね。