骨伝導イヤホン「ゆるい」対策術!失敗しない選び方と使い方

アフィリエイト広告を利用しています。

雑記
スポンサーリンク

骨伝導イヤホンの素晴らしさに惹かれつつも、「ゆるい」問題で悩む方へ向け、この記事では実用的な対策を紹介します。

イヤホンの「ゆるさ」が快適な使用を阻害することは認識されていますが、その解決策は一筋縄ではいきません。

ここでは、正しい装着方法やサイズの選び方から始め、ユーザーの声を元にした実践的なアドバイス、最新の技術トレンドまでを網羅。

骨伝導イヤホンの「ゆるい」悩みから解放されるための鍵が、この記事には凝縮されています。

 

スポンサーリンク

骨伝導イヤホンの「ゆるさ」の課題理解

特長と「ゆるさ」の問題点

骨伝導イヤホンは耳の中を塞がず、顎や頬の骨を通して音を伝えるため、周囲の音を聞きながら使用可能。

これがランニングやサイクリングなどのアクティビティに適している。また、耳の中が塞がれないため、安全性が向上します。

装着時にイヤホンが「ゆるく」なることがあり、これが使用時の不便さとなります。

ユーザーはイヤホンが確実に固定されず、音楽や通話中にズレることを避けたいと考えます。

「ゆるい」使用時の不便さ

  • サイズ調整の難しさ: ユーザーはサイズが調整できないため、イヤホンが「ゆるく」なりがち。これにより、骨伝導の利点が発揮しきれず、音質や快適性に影響を与える
  • 音漏れの問題: ユーザーが中音量で使用したい場合でも、サイズがゆるいと音漏れが発生し、電車内などの公共の場での使用が難しくなる
  • 装着位置のズレ: サイズが調整できないことから、装着時の位置ずれが発生。これがながら聴きに支障をきたすことがある

 

スポンサーリンク

骨伝導イヤホンの選び方

  • 音質の重要性: 音質は個人の好みにより異なるため、試聴や専門店でのデモを利用して、自分の好みに合ったものを選ぶことが重要です
  • 装着感と耳への影響: 長時間使用する場合、快適な装着感が重要です。また、骨伝導イヤホンは耳を塞がないため、周囲の音が聞こえやすい特性があります。これを考慮して選ぶと良いでしょう
  • 適切なサイズと調整機能: イヤホンのサイズや調整機能が合わないと、ゆるい状態での使用が不便です。サイズ調整が可能なモデルを検討し、実際に試してみることが重要です
  • 信頼性のあるメーカーとモデル: 信頼性のあるメーカーの製品を選ぶと、品質やアフターサービスが期待できます。有名ブランドや口コミの評判を確認することが役立ちます
  • 適切な用途に合わせる: 使用目的によって適したモデルが異なります。例えば、運動時に使用する場合は耐汗性があるかどうかも重要な要素です。自分の主な使用用途に合わせて選ぶことをおすすめします

 

スポンサーリンク

骨伝導イヤホンのサイズが「ゆるさ」に与える影響

サイズが合わないと耳の後ろの骨に当たる可能性があります

ユーザーレビューによれば、耳の後ろの骨にアームが当たり、イヤホン部が開いてしまうことがあります。

これにより、骨伝導部がしっかりと密着せず、使用中に不安定になる可能性があります

密着しないと音漏れや音量の問題が発生する可能性があります

サイズが合わないと、骨伝導部が十分に耳に密着せず、音が漏れやすくなる可能性があります。

また、密着しないことで音量の低下も発生するかもしれません

適切なサイズ調整が重要

イヤホンのサイズ調整ができる製品を選ぶか、試着して適切なサイズを見つけることが重要です。

特に耳の後ろ辺りのアームの位置が調整可能かどうか確認すると良いでしょう

 

骨伝導イヤホンの正しい装着方法

正しい装着方法

  • こめかみに近い耳横の位置に装着する: 骨伝導イヤホンのほとんどは、こめかみに近い耳横の位置に振動版が当たるように作られています。これにより、骨伝導効果を最大限に引き出すことができます
  • 耳たぶを軽く持ちながらイヤホンを装着: 正しい装着時には、イヤホンのブレード部を広げるのではなく、耳たぶを軽く持ちながらイヤホンをお耳の軟骨部に滑り込ませます。これにより、適切な位置に装着され、安定した骨伝導効果が得られます
  • 試聴する際には骨伝導イヤホンをこめかみに当てる: 試聴する際には、骨伝導イヤホンをこめかみに当てて装着し、周囲の音が聞こえやすいスタイルが一般的です
  • Bluetoothペアリングされたらアナウンスを確認する: Bluetoothペアリングが成功すると、骨伝導イヤホンから「接続しました!」などのアナウンスが流れます。この確認がストレスなく行えることが重要です

 

耳の形に合わせた装着テクニック

  • 耳に掛ける部分は固定式で変形しない: 耳に掛ける部分は通常、固定式で変形することはありません。しかし、装着感は良好であり、メガネをかけた状態でも違和感が少ないです
  • 耳たぶを持ちながらイヤホンを装着: 正しい装着時には、イヤホンのブレード部を広げるのではなく、耳たぶを軽く持ちながらイヤホンをお耳の軟骨部に滑り込ませます。これにより、適切な位置に装着され、音質と快適さが向上します
  • 耳の形に合わせた調整が可能: 耳の形に合わせた調整が可能な骨伝導イヤホンもあります。これにより、個々の使用者に合わせて最適なフィット感を得ることができます。
  • 耳かけ部分がある場合は調整: 一部のモデルには耳かけ部分が付属している場合があります。これを使ってイヤホンを耳にしっかりとフィットさせ、安定感を向上させることができます。

 

骨伝導イヤホンのアクセサリーと調整機能

  • イヤホンチップの交換: 骨伝導イヤホンには耳に直接触れる部分に装着されるイヤホンチップがあります。これを耳の形に合わせて快適なフィット感を得るために、適切なサイズや素材のものに交換することが重要です。
  • 耳かけ部分の活用: 耳かけ部分が付属している場合、これを使用してイヤホンを耳にしっかりとフィットさせることで、運動中や動きの激しい状況でも安定感を向上させます。
  • クリップやホルダーの使用: イヤホンのケーブルをクリップやホルダーで固定することで、ケーブルが邪魔にならず、使用中のストレスを軽減できます。
  • キャリングケースの活用: イヤホンを保管する際にはキャリングケースを使用し、携帯時の保護と持ち運びの便利さを確保します。
  • マルチポイント機能の利用: 一部のモデルにはマルチポイント機能が備わっています。複数のデバイスと同時に接続することで、スムーズな切り替えが可能です

 

人気の骨伝導イヤホンブランドの「ゆるい」対策

Haylou PurFree BC01

音漏れ防止シリコン製フロントキャビティ搭載で、音の減衰を最小限に抑えている。
フィット感に注意し、適切なサイズ調整を行うことでゆるさを軽減できる。

BoCo(ボコ)

耳をふさがない構造で、音漏れが少なく、周囲の音もしっかり聞ける。
ユーザーレビューを参考に、イヤホンチップや耳かけ部分の調整に注意することが重要。

 

最新の技術革新による「ゆるさ」対策

  • 装着感向上の設計: 最新のモデルでは、耳にしっかりフィットする形状や、調整可能な耳掛けやヘッドバンドが採用されています。これにより、ユーザーは自分に最適なフィット感を見つけやすくなりました。
  • Bluetooth技術の進化: Bluetoothの最新バージョンや高性能チップの採用により、接続の安定性が向上しました。これにより、イヤホンが外れにくくなり、使用中のゆるさが軽減されています。
  • ノイズキャンセリング機能: 一部のモデルでは、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。周囲の騒音を抑えることで、音楽や通話に集中しやすくなり、外部の影響でイヤホンがゆるくなることが減少します。