ダイソン掃除機はどれがいい?それぞれの特徴とおすすめな人を解説!

竜巻家事

パワフルな吸引力が魅力のダイソン掃除機。

でも種類が多くてどれを選んだらよいか迷っている方も多いでしょう。

 

この記事では、ダイソン掃除機の中でも人気のコードレスクリーナーについて、種類や特徴をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、あなたにピッタリのダイソン掃除機がきっとみつかりますよ!

 

 

\ダイソン掃除機を購入するなら、公式オンラインストアが断然お得!/

①分割手数料0%

②30日間全額返金保証

③送料無料

④最短翌日配送

⑤公式ストア限定特典

 

 

ダイソン v15 detect

・ダイソンのコードレスクリーナーで最も吸引力がパワフル。
・レーザーで細かなほこりも見逃さない!
・吸引力重視の方におすすめ!

 

ダイソンのコードレスクリーナーで最も吸引力がパワフルだというV15 detect。

非常に満足度が高く、評判は上々です。

特徴としては、まずレーザーが搭載されていること。

フローリング用のクリーナーヘッドに搭載されたレーザーが進行方向を照らし、細かなホコリまで可視化。

汚れがしっかり見えるので取り逃しを防ぎます。

さらに、掃除の結果を数値化してくれます。

手元のディスプレイに吸い取ったゴミの量をサイズ別に表示してくれます。

レーザーによって「こんなにゴミが?」と驚き、それがしっかりと吸えていることが確認できるため、掃除の手ごたえを充分感じられます。

ただ、重さが2キロを切っているモデルもある中で、V15 detectは2.61㎏。

少し重いため手が疲れるといったクチコミも。

価格は115,500円となかなか高額です。

価格も重量級なV15 detectですが、パワフルな吸引力を求めている人、手ごたえをしっかり感じたい人にはおすすめです!

 

運転時間60分
重量2.61㎏
製品一覧・Dyson V15 Detect Complete (SV22 ABL EX)
価格¥115,500(税込)

>>公式サイトで詳しく見る

 

ダイソン v12 detect slim

・高い吸引力&スリム
・レーザーで細かなほこりも見逃さない!
・吸引力は欲しいけど、あまり重くないほうがいい方におすすめ!

 

V15 detectよりも少し吸引力が控えめなのがv12 detect slimです。

V15 detectの特徴であるレーザーやディスプレイはそのままで、価格は77,000円~と抑えめになっています。

吸引力が控えめといっても、前モデルのDyson Digital Slimに比べて、V15が+130%、V12が+50%なので吸引力がアップしていることは間違いありません。

さらに、V15とV12にはクリーナーヘッドが2つ付いており、カーペット用のヘッドはペットの毛や長い髪の毛も絡みつかず自動で取り除いてくれます。

完全にノーメンテナンスというわけにはいきませんが、クリーナーヘッドに絡みついた毛を取り除く作業は格段に減ることでしょう。

ペットの毛の掃除でお困りの方にもピッタリと言えます。

V15のデメリットともいえる重さもV12なら2.2㎏でV15よりも扱いやすくなっています。V15が欲しいけど、ちょっとお値段が・・・という方にはV12がおすすめです。

 

運転時間60分
重量2.2㎏
製品一覧・Dyson V12 Detect Slim Complete (SV30 ABL EX)
・Dyson V12 Detect Slim Fluffy (SV20 FF EX)
・Dyson V12 Detect Slim Complete (SV30 ABL2)
・Dyson V12 Detect Slim Fluffy (SV20 FF N)
価格¥77,000(税込)~

>>公式サイトで詳しく見る

 

ダイソン digital slim

・軽量&パワフル!
・畳やフローリングが多い家庭におすすめ!

 

重さは1.9㎏と軽量なのにパワフルなモデル。

運転時間は約40分、パワフルに安定しており音も静か。価格は57,200円~。

付属ツールを取り換えればスティッククリーナーからハンディクリーナー、布団クリーナーと3役をこなす優れものです。

LED付きの隙間ノズルや延長ホースで狭い場所や届きにくい場所の掃除もらくらくできます。

ミニモーターヘッドで車内の掃除にも便利です。

クリーナーヘッドはホコリや花粉、ハウスダストなど微粒子も99.9%取り除きます。

フローリング、畳、カーペット万能に掃除できますが、カーペットが多い、ペットを飼っている家庭ではちょっと物足りなく感じるかもしれません。

畳やフローリングが多い家庭であれば、家中いろいろな場所を掃除できて、軽くてパワフルなので、女性やあまり力がない方にもおすすめの機種です。

 

運転時間40分
重量1.9㎏
製品一覧・Dyson Digital Slim Fluffy Pro (SV18 FF PRO)
・Dyson Digital Slim Fluffy (SV18 FF EX)
・Digital Slim Fluffy Origin (SV18 FF ENT EX)
・Dyson Digital Slim Fluffy Origin (SV18 FF ENT2)
・Dyson Digital Slim Fluffy (SV18 FF N)
価格¥57,200(税込)~

>>公式サイトで詳しく見る

 

ダイソン micro 1.5㎏

・ダイソン最軽量!
・部屋数が少ない家庭、一人暮らしの方などにおすすめ!

 

ダイソンMicroはdigital slimよりもさらに軽く、ダイソン史上最軽量の1.5㎏。

クリーナーヘッドも最小サイズで狭い場所にも届きやすくなっています。

小さめヘッドですが細かいほこりやごみもしっかり吸い取ります。

とはいえ、広い場所や毛足の長いじゅうたんなどにはちょっとパワー不足かもしれません。

吸い取ったゴミも触れることなく簡単に捨てられます。

また、運転時間は約20分と少し短め。

家中しっかり掃除をする、というよりはちょこちょこ掃除向きといえるかもしれません。

価格も付属品も最低限にすれば、49,500円とダイソンのなかではお求めやすくなっています。

ちょこちょこ掃除をする人、一人暮らしの人、サブの掃除機としては気軽に使えて、ちょうどいいモデルです。

運転時間20分
重量1.5㎏
製品一覧・Dyson Micro 1.5kg (SV21 FF EX)
・Dyson Micro 1.5kg (SV21 FF2)
・Dyson Micro 1.5kg Complete (SV21 FF COM N)
価格¥49,500(税込)~

>>公式サイトで詳しく見る

 

ダイソン omni‐glide

・全方向駆動クリーナー!
・操作性重視の方におすすめ!

 

ダイソンで最も操作性に優れたモデルと言われるomni‐glide。

いちばんの特徴は、前後左右あらゆる方向に、床を滑るように操作可能なクリーナーヘッド。

部屋のすみっこや障害物の周りもクルクルとフィットしてしっかり掃除できます。

2つのフラフィローラーを搭載しており、2つが逆回転しているため、押しても引いても、大きなゴミも細かなゴミもしっかり同時に吸い取ります。

さらに180度フラットに寝かせることもできるので、家具の下もスムーズです。

付属ツールを付け替えれば、スティッククリーナー、布団クリーナー、ハンディクリーナーとしても使用できます。

重さはdigital slim と同じ1.9㎏。

軽くてスイスイ掃除できます。

価格は59,400円。

使用時間はエコモードで最長20分、強だと5分。

操作性からフローリング専用と割り切ってしまえばスイスイ快適にお掃除できます。

あとはハンディでちょこっと掃除するには軽くて使いやすい掃除機です。

メイン掃除機ではなく、omni‐glideはフローリング専用というちょっと贅沢なモデルです。

 

運転時間20分
重量1.9㎏
製品一覧・Dyson Omni-glide Complete (SV19 OF EX)
・Dyson Omni-glide Complete (SV19 OF2)
価格¥59,400(税込)

>>公式サイトで詳しく見る

 

ダイソン cyclon v10

・パワフルな吸引力!
・コスパ重視の方におすすめ!

 

2018年に発売されたモデルで、当時はダイソン史上最高吸引力と稼働時間と言われていました。

4年経った今では価格もお求め安くなり、コスパのいい人気のモデルです。

運転時間最長60分で、吸引力もパワフルで価格は45,800円。

吸引力がパワフルなのはいちばんの特徴ではありますが、音もパワフルなようです。

ローラーの回転音や振動音が大きいようで、強の使用で79.0デシベル。

走行中の電車内くらいです。

なかなかの音なので、集合住宅や夜の使用は控えた方が良さそうです。

また、運転時間も最長60分となっていますが、最も吸引力の高いMAXモードでの使用だと5~8分と短いため、家中を掃除するには物足りないと言わざるを得ません。

質量は2.58㎏でやや重めです。

とはいえ、主にフローリングや畳の部屋の掃除で使用するには充分です。

ハンディクリーナーとしても使用できますので、サブ掃除機としてちょこちょこ掃除するには充分でしょう。

ダイソンでコスパのいい掃除機を求めているならおすすめです。

 

運転時間60分
重量2.58㎏
製品一覧・Dyson Cyclone V10 Fluffy (SV12 FF LF)
価格¥45,800(税込)

>>公式サイトで詳しく見る

 

ダイソン v8 slim

・パワフルな吸引力!
・コスパ重視の方におすすめ!

 

v8 slim は日本の住環境のために開発されたモデルだそうで、軽くて小回りの利く、かつパワフルな掃除機というのが特徴です。

cyclon v10に比べてやや吸引力は劣るものの、フローリング、カーペットも問題なくきれいになります。

とはいえ、毛足の長いじゅうたんやカーペットは吸引力にちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

v8 slimはパワフルでありながら音も静かになっています。

72デシベルということなので、高速走行中の自動車内くらいです。

V10 が走行中の電車くらいの音なので、それに比べると静かになっている、とは言えそうです。

クリーナーヘッドも小さいので家具の下や、狭い場所も掃除しやすくなっています。

運転時間は約5時間の充電で最長40分。

メインではなくサブ掃除機としてなら、便利に使えそうです。

価格も39,800円とかなりお求め安くなっています。

運転時間40分
重量2.15㎏
製品一覧Dyson V8 Slim Fluffy Extra (SV10K EXT BU)
価格¥39,800(税込)~

>>公式サイトで詳しく見る

 

 

 

\ダイソン掃除機を購入するなら、公式オンラインストアが断然お得!/

①分割手数料0%

②30日間全額返金保証

③送料無料

④最短翌日配送

⑤公式ストア限定特典