富士急ハイランドの混雑を回避する方法5選!

富士山おでかけ
スポンサーリンク

富士急ハイランドは絶叫系アトラクションが人気のテーマパーク。

週末は数多くの家族連れやカップルで賑わいます。

 

この記事では、富士急ハイランドで快適に過ごすために、混雑を回避する方法5選をご紹介します。これから富士急ハイランドに行く予定の方は、ぜひチェックしておいてください。

 

 

スポンサーリンク

富士急ハイランド 混雑 回避 ①あさイチ

開園前に到着できるように、交通アクセスや到着予定時間を決めておきましょう。

開園すぐに入場すればまだ人も少ないので、増えてくる前に人気のアトラクションへいちばん乗りするのがおすすめです。

一般的な開園時間は 9:00~18:00 ですが、公式サイトでは月ごとの営業時間カレンダーが出ていますので、開園時間を確認してからのお出かけをおすすめします。

本日の運行状況も出ていますので、行ってみたら目的のアトラクションに乗れなかった、という残念なことにならいよう、合わせて確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

富士急ハイランド 混雑 回避 ②年間フリーパス

購入から一年間、有効となるフリーパス券です。本人利用のみ有効です。

顔認証のシステムになっているので、入園の際もスムーズです。

購入特典(記念日・同伴割引・温泉割引)も付いているので、年間を通して楽しみたい方にはとてもお得な内容になっています。

 

料金

大人 ¥18,900

中高生¥17,400

小学生¥13,800

※購入時の年齢で判断されます。

 

購入するには、CLUBフジQ会員へ登録することが必要です。

詳しい購入方法は、公式サイトの「各料金を見る」ー「年間パス」をご覧ください。

年間フリーパスの購入はこちら

 

スポンサーリンク

富士急ハイランド 混雑 回避 ③ホテル特典

富士急ハイランドのオフィシャルホテルに宿泊すると3つの特典があります。

  1. 富士急ハイランド営業開始15分前に優先入園ができる
  2. 宿泊期間中は荷物を預けられる
  3. 富士急ハイランドまでの交通が便利

開園15分前に入園できるので、お目当てのアトラクションを混雑回避して楽しめます!

 

オフィシャルホテルの種類

  • ハイランドリゾートホテル&スパ
  • キャビン&ハイランドステーションイン
  • 富士山ステーションホテル

 

\ホテル予約なら、ポイントが貯まる!使える!/

 

オフィシャルホテル以外にも、周辺にはアウトドアが楽しめるキャンプ場やコテージなどがあります。目的に応じて、さまざまな形を選んで滞在することができますね。

 

富士急ハイランド 混雑 回避 ④絶叫優先券

人気アトラクションに待たずに乗れる枚数限定の優先チケットです。「絶叫優先券」はウェブで3日前から購入できます。

※価格は時期や機種により異なります。

※当日の混雑状況、アトラクションの運行状況によっては、最大30分ほど待ち時間が発生する可能性があります。

絶叫優先券の購入はこちら

 

富士急ハイランド 混雑 回避 ⑤アプリ

富士急ハイランドの公式アプリをダウンロードして使うと、とても便利です。

園内の案内や人気アトラクションの待ち時間が表示される、待たずに乗れる優先券を購入できる、などの、たくさんの便利な機能がついています。

 

アプリ専用チケット(オンラインチケット)は、このアプリ内で購入します。

オンラインチケットの種類

■顔登録フリーパス

アトラクション一日乗り放題のチケットです。対象は大人・中高生・小学生・シニア

 

■優先入園特典付き 顔登録フリーパス

アトラクション一日乗り放題+平日は開園15分前、土日祝日は開園30分前より優先して入園ができるチケットです。対象は大人・中高生・小学生のみ

 

■顔登録アフタヌーンパス

13時からの利用で乗り放題です。

 

オンラインチケットがあれば、当日発券機での混雑を回避でき、QRコードをかざすだけでスムーズに入園することができます。

このようにアプリによる顔認証の入園を行うことで、非接触や混雑による人の密を避ける工夫がなされています。

いち早く入園して、乗りたいアトラクションを効率よく周っていけるように、早くて便利なアプリを活用してみてはいかがでしょうか。

富士急ハイランド公式アプリのダウンロードはこちら

 

富士急ハイランド 混雑 回避 その他

平日利用がいちばんのおすすめ

混雑をさけるには、やはり平日に訪れるのがいちばんです。

予定を立てる時に平日を選ぶことが可能であれば、平日を入れて宿泊計画を立ててみるのも一つの方法です。

 

寒い季節は空いている可能性あり

富士急ハイランドがある山梨県は、富士山が近く高地であり、冬場は特に寒さも厳しくなりますので、天候の状況を見て訪れるのがいいでしょう。

冷たい風に吹かれてもアトラクションに乗りたい!という人には、混雑がわりと少なくなる厳寒の季節がおすすめかもしれません。

 

まとめ

富士急ハイランドの混雑を回避する方法は以下の5つ

  • あさイチをねらう
  • 年間フリーパスを購入する
  • ホテル予約特典を利用する
  • 絶叫優先券を購入する
  • 公式アプリを利用する