渡会雲雀の前世はだれ?顔バレや年齢や身長などプロフィールも調査

アフィリエイト広告を利用しています。

怪盗youtuber
スポンサーリンク

渡会雲雀(わたらいひばり)は、にじさんじ所属のヴァーチャルライバー。

2022年「VOLUTACTION」のメンバーとしてデビューしました。

 

この記事では気になる、

渡会雲雀の前世はだれ?顔バレや年齢や身長などプロフィールも調査

についてまとめました!

 

スポンサーリンク

渡会雲雀 前世

渡会雲雀さんに前世はあるのでしょうか。

渡会雲雀さんの前世は『レく』さんである可能性が高いといわれているようです。

レくさんは2014年ごろから歌い手として活動していた方で、主にボーカロイドの楽曲の歌ってみたを中心に活動していました

しかし、レくさんは2021年8月末で無期限の活動休止を発表しました。

それでは、なぜ渡会雲雀さんの前世がレくさんだと言われているのか、その根拠についてまとめていきましょう。

根拠1:声が似ている

一つ目の根拠は声が似ているというものです。

実際に聞き比べてみましょう!

まずはレくさんの歌声。

レくさんのみの歌ってみた動画は残念ながらすべて消えているか非公開になっていたためコラボ動画しか見つけることができませんでした。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34041926

そしてこちらが渡会雲雀さんの声です。

https://youtu.be/3AYTCuWD9-E

いかがでしょうか。

かなり似ていると思いませんか?

これは可能性が高そうですね!

根拠2:デビュー時期が近い

二つ目は渡会雲雀さんのデビューした時期とレくさんの活動休止時期の時期が近いことです。

レくさんは2021年8月末に活動休止を発表しており、渡会雲雀さんは2021年11月ごろににじさんじが運営しているVTAに所属しました。

Vtuberさんが前世の活動を休止または引退してから数か月後にデビューすることはよくあることです。

これも根拠の一つといえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

渡会雲雀 顔バレ

渡会雲雀さんの前世についてまとめましたが渡会雲雀さんは顔バレや顔出しなどしているのでしょうか。

調べましたが残念ながら渡会雲雀さん自身は顔出しなどしてはいないようでした。

 

ただ、前世だと言われているレくさんは顔出しをしていたようでそちらの画像は見つけることができました!

とてもかっこいいお顔をされていそうですね。

かっこよくて声もよくて歌もうまいなんて最強ですね。

現在はレくさんのTwitterは非公開となっていて見ることはできませんが、過去には自撮りなども投稿されていたようです。

 

スポンサーリンク

渡会雲雀 年齢や身長などプロフィール

さて渡会雲雀さんの中の人についての情報をまとめてきましたが、ここからは渡会雲雀さんについてのプロフィールを紹介していきます!

渡会雲雀さんは2022年7月16日ににじさんじの「VOLTACTION」というグループのメンバーとしてデビューしました。

とても歌が上手く、ライブなど生歌を披露することが好きなようです。

今後やりたいことは「アニソン主題歌を歌いたい」「いろんな人と仲良くなりたい」「でっかいステージで歌いたい」とのこと。

とても大きな夢をもっていますね。渡会雲雀さんならいつか叶えることができそうです。

「怪盗一家の跡取り。 人の心を掴む正義の「快盗」に憧れている。 金銭目的の盗みはしないので、カフェのアルバイトで生計を立てている。」という公式設定で活動を行っている渡会雲雀さん。

 

名前:渡会雲雀(わたらいひばり)
性別:男性
誕生日:9月23日
年齢:21歳
身長:183cm
職業:カフェ店員
好きなこと
好きなゲーム:APEX、VALORANT、FFⅩ、EFT
好きなアニメ:H×H、SAO、メジャー
歌うこと:ボカロ、アニソン
ファンネーム:ひばりすた
ファンマーク:♦☕(トランプのダイヤ、ホットドリンク)
イメージカラー:#192332

https://twitter.com/watarai_hibari

 

渡会雲雀 初配信

渡会雲雀さんの初配信は漫画のオープニングから始まりました。

漫画も終わり、いよいよ挨拶に入る…というところで突然生演奏&生歌唱が始まりました。

歌った曲はカゲロウプロジェクトの「サマータイムレコード」。

懐かしく、今の時期に合った曲を披露してくれました。

生歌とは思えない上手すぎる歌声で視聴者も大喜びです。

その後、自己紹介と告知を行い、いよいよ締めというところでまた生演奏&生歌を披露。

今度歌ったのはkemuさんの「敗北の少年」という曲でした。

渡会雲雀さんに合っている部分もある曲で、上手いこともありとても感動する締めでした。

きっと多くの視聴者の心を鷲掴みにしたことでしょう。

まだ視聴していない方はぜひ視聴してください!

https://youtu.be/QP1DHr_w5kw