ディズニーのグリーティングが当たらない!?エントリーのコツや待ち時間、ルール

ディズニーおでかけ

ディズニーのグリーティング体験するためにはエントリー受付が必要です。

ディズニー公式アプリで行なわれる抽選システムで、攻略法を知っているかどうかで当選確率が大きく変わります!

 

この記事では気になる、

ディズニーのグリーティングが当たらない!?エントリーのコツや待ち時間、ルール

についてまとめました!

 

スポンサーリンク

ディズニー グリーティング 当たらない!?

ディズニーのキャラクターたちと写真撮影ができるグリーティングですが、一部のグリーティングはエントリー受付が必要(予約制)となっています。

ディズニーリゾートアプリでエントリーするのですが、公平性を保つため先着順ではなく、抽選となっています。

 

また、エントリー受付は1施設につき、1グループ1回のみとなっています。

抽選の結果に関わらず、一度エントリーしたら別時間にもう一度エントリー!ということはできません。

 

エントリーしたものが一つも当たらないで全滅、ということも珍しくないようです。

1つでも当たればラッキー!なのだそう。

ショーやグリーティングが楽しみな人にとっては、1つでも当てたいところだと思います。

 

 

スポンサーリンク

ディズニー グリーティング エントリーのコツ

エントリー受付は、一部のショーやグリーティングで実施されています。

入園後に東京ディズニーリゾート・アプリで行います。

>>東京ディズニーリゾート・アプリのダウンロードはこちら

 

入園前に事前に受付を済ませておく、ということはできません。

入園後、列に並ぶのと同じ感覚でエントリー受付を行います。

 

受付時間内であればいつでもエントリーすることができます。

エントリー受付をすると、すぐに抽選結果が表示されます。

各施設、1日1回限りとなっているので、抽選結果に関わらず同じ施設で別の時間で再エントリー!ということはできません。

 

抽選なので、運次第とも言えるのですが、全滅することも珍しくないようです。

そうなりたくはない!ですので、確率的に当たりやすい時間帯をできるだけ選択したいですね。

自分で選択できることは2つ。

「どのタイミングでエントリーするか」

「どの枠にエントリーするか」

 

先着順ではないため、早くエントリーしても、締め切りギリギリにエントリーしても、確率は大きく変わりません。

当選人数が同じであれば、受付時間が短い方が当選確率は上がります。

そのため朝一番は当たりやすいと言われています。

それを知っているひとは朝イチエントリーする人が多いため競争率は高くなっているようですが…

 

また、エントリー操作する人が多い時間帯を避ける、ということも当選した人からよく聞く話です。

お昼前や晩ごはん時、帰宅する人が多い時間帯などライバルが少ない時間にエントリ-受付をする。

また、午前中早い時間に最終枠にエントリーするのも当たりやすいとか。

 

とはいえ、あくまでも確率の問題で、結局は「運」なのかな。

と思ってしまいますが…グッドラック!

 

 

スポンサーリンク

ディズニー グリーティング 待ち時間

グリーティングのすべてにエントリーが必要なわけなく、エントリー受付対象になっていなければ、待てばキャラクターに会うことができます。

ハグやハイタッチなどのふれあいは出来ませんが、一緒に写真撮影はできます。

 

待ち時間は公式ホームページも表示されていますので、参考にすると良いでしょう。

>>キャラクターグリーディングの待ち時間はこちら

 

施設や時間帯などによっても違いますが、短いところでは5分、長いところだと75分くらいになります。

平日よりも土日の方が全体的に待ち時間は長くなり、午前中に待ち時間が長くなることが多いようです。

お昼時は待ち時間が少なくなることが多いようなので、狙い目です。

行きたいところ、見たいところが盛りだくさんのディズニーなので、待ち時間が少なくなるよう事前リサーチはしっかりとしていきたいですね。

 

ディズニー グリーティング ルール

■常時マスクの着用が必要(2歳以下のゲストの着用は任意)。

■ソーシャルディスタンスを確保するため、キャラクターおよび出演者との間隔を空ける。

■ふれあい(ハイタッチ、ハグ、キャラクターによるサインなど)や大きな声での挨拶や声援は控える。

■キャラクターグリーティングでの撮影は『グループで1枚』。

1人1回、写真に写ることができるという意味です。 例えば友人と2人でグリーティング並んだ場合、それぞれ別であれば2枚写真撮影は可能となります。

■キャラクターができないポーズがある

①お子様を抱っこさせる。

②イメージを損なうポーズ(中指を立てるなど)。

③私物を持ってもらう。

④座ってもらう。

これらは、公式で禁止されています。

■サインの貰い方

人体へのサイン、着ている洋服へのサイン、免許証やパスポートなど法的書類へのサイン、チケット(パークチケット含む)へのサイン、その他キャラクターのイメージを損なう物へのサインはできません。

サイン帳はパーク内のショップで販売されているので、それを購入しましょう♪