夢追翔の前世はだれ?顔バレや年齢、身長などプロフィールと謹慎も調査

マイクで叫ぶ少年youtuber

にじさんじに所属するバーチャルライバー兼シンガーソングライターとして2018年から活動を開始。

ミュージックライブ・ゲーム実況やオリジナル曲の投稿、ゲーム配信なども行っている。

また、イベントや公式番組などでは司会を担当。

現在約28万人のチャンネル登録者数がいる人気VTuberです。

 

この記事では気になる、

夢追翔の前世はだれ?顔バレや年齢や身長などプロフィールも調査

についてまとめました!

 

スポンサーリンク

夢追翔 前世

歌も上手でトーク力も高い夢追翔さん、前世(中の人)はどのような人物なのか気になりますよね。

前世(中の人)は、ボカロPでもあり歌ってみた動画も投稿していた「綾間テルヨシ」さんだという説があります。

 

歌声が同じ

両者の声を聞き比べてみましたが、高音の部分がかなり似ていると感じました。

 

ゆめうつつ / 米津玄師 (Covered by 夢追翔)

https://youtu.be/DaEOGY3TxPI

 

綾間テルヨシ MV 「悲しみを食んで生きていく」

https://youtu.be/-6qS_MyghR0

 

男性の声にしては細く柔らかいので、とても聞きやすいですよね。

 

活動休止時期

夢追翔さんが本格的に活動を始めた頃、綾間テルヨシさんの活動が見られなくなっているようです。

恐らく夢追翔さんでの活動が忙しくなったのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

夢追翔 顔バレ

顔バレに関して、綾間テルヨシさんはあまり気にしないタイプのようです。

Twitterのプロフィールを自身の横顔の画像にしています。

 

黒ぶちメガネの似合う落ち着いた雰囲気の男性ですね。

 

 

スポンサーリンク

夢追翔 年齢や身長などプロフィール

 

誕生日は6月28日、身長は175㎝、声が大きい29歳の男性です。

ニックネームは「ゆめお」。

キャラクターデザインはイラストレーターの「ほーじろ」さんが手掛けています。

潰れかけていたライブハウスにお客さんを呼ぶため、配信を開始。

ライブハウスに住み込んでおり、毎晩もやし炒めを食べているそうです。

 

 

夢追翔 既婚

前世(中の人)が綾間テルヨシさんであれば、2017年に結婚しています。

本人がTwitterで報告しているので隠すつもりは全くないようです。

ファンからは祝福のコメントが届くなど、幸せいっぱいの結婚報告ですね。

 

 

夢追翔 謹慎

夢追翔さんが「出会い系サイトのサクラ」として働いていた過去を配信で話したことがきっかけで炎上。

具体的な手口なども暴露していたため、詐欺に当たる行為を正当化しているようだとして批判が殺到しました。

こうした批判を受け、夢追翔さんは自身のTwitterで謝罪文を投稿しています。

 

 

そして2020年6月にVTuber活動を休止。

人気急上昇中のVTuberなだけにとてもショックな出来事でしたね。

 

 

夢追翔 復帰

2020年8月に活動を再開。

復帰配信は夢追翔さんの深い深呼吸からスタート。

画面にコメントをあえて表示させ、「本件に関して批判を受けて当然の立場、それらを全て受け入れるという覚悟でコメントを表示させていただいております」と自身の罪をしっかりと受け止めていました。

https://youtu.be/mBSAW5zsTf0

 

復帰に対して嫌な気持ちになる視聴者もいたと思います。

ですが、二度と同じ過ちを繰り返すことなくどんどん人として成長し、これからも素敵な歌声を聞かせてほしいと私は思いました。

 

 

夢追翔 香水

バーチャルライバーグループ「にじさんじ」所属のVTuberをイメージした香水が発売。

夢追翔さんの他、緑仙、加賀美ハヤト、イブラヒム、ジョー・カー、ニュイ・ソシエール、竜胆尊、加賀美ハヤトなどのラインナップあり。

夢追翔さんは「フローラルフレグランス」の香りで、ジャスミンとアンバーパチョリの香りが絡み合い、温かみを感じるフローラルノートです。

シンガーソングライターの夢追翔さんをイメージしたようで、とても人気のようです。

販売サイト

 

 

 

夢追翔 音楽活動

楽器は苦手なようですが、作詞作曲が得意な夢追翔さん。

動画内で積極的に音楽活動をしており、ラップにも挑戦。

歌ってみたや自身のオリジナルソングなども継続的に配信しています。

夢はVtuberの枠を超えて、一人のアーティストとして認知され、世界中に自分の歌を聞いてもらうこと。

その歌声は、澄んだ空のようで温かさと優しさがあります。

まだ聞いたことない方は、ぜひ夢追翔さんの歌を聞いてみて下さい。