ボイス~112の奇跡~【チャン・ヒョク主演】あらすじやキャストと感想!※ネタバレあり

ソウルの街並みVOD

ボイス~112の奇跡~は、112通報センター(日本の110)を舞台に、妻を殺された敏腕刑事と、父親を殺されたボイスプロファイラーの活躍を描く。2人がコンビを組んで、大切な人を奪った連続殺人犯を追いながら事件を解決していくヒューマン・ドラマ。出演:イ・ハナ、イ・ジヌク、チャン・ヒョク

ボイス~112の奇跡~は、Amazon Prime Videoで無料で観ることができます。
※30日間無料体験に登録が必要です。

この記事では、ボイス~112の奇跡~のあらすじや感想とネタバレなどをお伝えします。

 

スポンサーリンク

ボイス~112の奇跡~のあらすじ

数々の難事件を解決してきた腕利きの刑事ジニョク(チャン・ヒョク)は、3年前のある夜、突然の悲劇に襲われます。
逃亡犯を捕まえて祝杯を挙げていたところ、妻が何者かに惨殺されてしまうのです。
まもなく有力な容疑者が逮捕されるが、通報を受けたグォンジュ警察官(イ・ハナ)は法廷で犯人の声と違うと証言。それに対して、ジニョクは大激怒。
その後、3年という月日が経ちグォンジュはアメリカ留学から帰国し、ジニョクのいるソンウン地方警察庁の112通報センター長に就任することになります。
ジニョクは喰ってかかりますが、そのとき、殺されそうだと助けを求める女性から通報が入ります。
急いでジニョクが現場に向かい、聞こえないはずの音が聞こえるというグォンジュの言葉に従って無事に女性を救出することになるのです。
ジニョクはグォンジュを信じきれないが、グォンジュの力は確かに人々を救い続けていくのです。
実は、グォンジュの父もまた3年前の事件で命を落としていたということを知ります。
その後、ふたりは3年前の事件の真犯人を突き止めるためバディとして捜査を進めていくのだが。。。

 

スポンサーリンク

ボイス~112の奇跡~の感想

韓国ドラマは好きなのですが、こういうサスペンス系のドラマはあまり見てこなかったのですがこのドラマは本当に面白くて、気づいたら一気に最終話まで見てしまっていました。
主演のチャン・ヒョクさんはこのドラマが初の刑事役だそうなのですがそうとは思えない程のハマり役です。
同じ犯人に大切な人を奪われたジニョクとグォンジュ。
最初はグォンジュの人には聞こえない音が聞こえるという聴力を信じていなかったジニョクですが。どんどんと事件を解決していく重要な力となっていくグォンジュの耳を次第に信用するようになり、協力して三年前の事件の真犯人を追っていく姿にはドキドキ、ハラハラとします。

 

※ここからネタバレになります※

 

同じ警察に内通者がいるとなり、初めはギョンハク(イ・ヘヨン)が疑われますが本当の内通者はジニョクの弟分のデシク(ペク・ソンヒョン)だったと分かったときは心が痛かったです。(父親の入院費の為にという本当は優しいデシクの姿も相まって余計に心が痛みました。)

『かちかちという音がした』というグォンジュに犯人はやくざ者のナム・サンテ(キム・レハ)と突き止めますがナム・サンテは真犯人ではなく、弟の尻ぬぐいをし続けている男でした。その弟モ・テグ(キム・ジェウク)こそ三年前の真犯人であり快楽主義者のサイコパスな殺人犯だったのです。

一見、クールで美形で仕事も出来何一つ問題がなさそうに見えるモ・テグ。
その化けの皮が剝がれた時ぞっとしました。

23話(最終話の1つ前の話)ではデシクがもうジニョクを裏切れないとモ・テグに一人で会いに行き捕まえようとしますが反対に捕まってしまいます。
そしてモ・テグが自分で作った凶器で(この凶器でジニョクの妻もグォンジュの父も殺害された)デシクを瀕死の状態にまで追い詰めます。その痛々しい姿に思わず目を背けてしまいました。

グォンジュの聴力を頼りにモ・テグの居場所を突き止めた二人。
その姿を監視カメラで確認したモ・テグが興奮する姿はまさにサイコパスそのものでした。
敢えて、瀕死状態のデシクを寝かせて二人をおびき寄せるモ・テグ。
弟分の痛々しい姿に思わず駆け寄るジニョク。
『チーム長!!罠です!!』というグォンジュ。そこからジニョクはグォンジュにデシクのことを任せモ・テグを追いかけます。

そこからの二人の銃撃戦には息をのむものがありました。
応援の警察がくるとあっさりと降参するモ・テグ。
しかし捕まることも計算の一部でした。
父モ・ギボㇺ(イ・ドギョン)の計らいで、自身が権力を持っている病院にモ・テグを運び血を抜くことで死んだように見せかけ脱出させ日本へと行かせる計画を組んでいたのです。
モ・テグのサイコパスは父から受け継がれたものでした。

何かがおかしいと気づくジニョクとグォンジュ。
『あいつが自殺なんてするはずがない』というジニョク。
そして今度は二人が敢えてモ・テグをおびき寄せることに…。

ようやくジニョクに殺されるのかと恍惚とした表情のモ・テグ。
そんなモ・テグに対して『どんな残忍な殺し方をしてやろうかとずっと考えていた。でも遊ぶおもちゃのないところに放り込むのが一番いいと気づいた。』
というジニョク。
そうしてモ・テグは再度逮捕され精神科に送られるのですがまさかのそこで入院患者にめった刺しにされてしまうといされてしまうという衝撃のラスト(※ここはモノクロに加工されていますが、少々グロテスクなのでやや閲覧注意です!!)。

妻の墓に行き、この花好きだったよな。ようやくこれたよもう(天国に)行けよと涙するジニョクと父の墓に行き、あの時(三年前)言えなかったけど愛しているというグォンジュ。
ここで私は思わず泣いてしまいました。
犯人が死んでしまうというハッピーエンドとは言えないラストですが、デシクも助かり二人の気持ちは報われたように思います。

サスペンスドラマは見ないという方にも是非見ていただきたい作品です。
とにかくジニョク役のチャン・ヒョクさんがかっこいいです!!

ボイス~112の奇跡~のキャスト

チャン・ヒョク・・・ム・ジニョク

イ・ハナ・・・カン・グォンジュ

ペク・ソンヒョン・・・シム・デシク

イェソン・・・オ・ヒョノ

ソン・ウンソ・・・パク・ウンス

クォン・ヒョンジュン・・・チョン・サンピル