3歳児に買ってよかったおもちゃ5選!おすすめ手作りおもちゃもご紹介

おもちゃ子育て

雨の日の室内遊びに、3歳男の子に買って良かった「おもちゃ」を紹介します。

 

我が家の3歳になったばかりの息子は、公園などでは元気に遊ぶのですが、家にいるとついテレビや動画中心の生活になちがち。

雨の日や暑い日、外出できないと体を動かせない子供はもちろん、大人もストレスがたまります。

新作のおもちゃを投入!と思っても、おもちゃへの興味が長く続かないのも悩みの1つ。

 

この記事では気になる、

3歳児に買ってよかったおもちゃ5選!おすすめ手作りおもちゃもご紹介

についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

3歳児 おもちゃ 積み木

積み木が子供に与える効果は色々あるそうですが、おすすめな理由は、「創造力が豊かになる」です。

それと、とにかく飽きない!

 

1年ほど前に購入し、正直、高いな〜と思ったのですが、息子は時間を忘れて遊んでいるので、今では無くてはならない存在。

 

積み木を買うなら、本物の木でできていて、色々な形があって、100ピース位あると良いです。

木でできていると、重さがあって安定するので、縦にも横にも大きな作品が作れます。

 

我が家は、HABA社のブロックス・グランドセットを使っています。

価格は2万円弱したと思います。少々お高め・・・でもこれにして正解でした。

 

ロボット、ロケット、クジラ、ピザ屋さんなどなど・・・

3歳の息子は、積み木を組み立て色々なものに見立てて遊んでいます。

少し高価ですが「積み木」は本当におすすめです。

 

スポンサーリンク

3歳児 おもちゃ トランポリン

 

次におすすめするのが「トランポリン」です。

トランポリンは「何歳からできるの?」と気になるところですが、

3歳ちょうどの息子は、2〜3日すると上手にジャンプできるようになったので、3歳の子供は楽しむことができると思います。

 

雨などで外出できない場合、特にマンション住まいだと子供が走り回ったり、ジャンプしたりする騒音が気になりますよね。

 

マンション住まいの我が家は、実際に下の階の方からクレームを受けたことがあります・・・ごめんなさい。

 

でも、体を動かしたい子供にとって、走り回れないのはストレスです。

そんな訳で投入したのが「トランポリン」。

 

ぴょんぴょん跳ねているだけに見えるトランポリンですが、

息子は少しやると「疲れた〜」と言っています。

見た目以上に運動効果があるので、子供のストレス発散に役立っています。

 

しかも、「ママのダイエットにも使える!」そうです。

一石二鳥!

 

我が家のトランポリンは直径約90センチ、6,000円くらいで購入しました。

サイズは子供でも大人でも十分です。

雨の日、元気が有り余っているという子供にとてもおすすめです。

 

スポンサーリンク

3歳児 おもちゃ ジグソーパズル

「ジグソーパズル」もおすすめです。

なかでも、トレイに完成図となる下絵が描いてある9ピース位の「ジグソーパズル」からはじめると良いです。

・ トレイの下絵と同じ柄のピースを探して置いてみる

・ となり同士の凸凹をあわせてみる

・ 完成させる

の手順で遊ぶことができます。

 

やりだすと集中して組み立てています。

集中力を養う効果が期待できるのと、手先を使うことで、脳への良い影響もあると思います。

 

3歳児 おもちゃ 塗り絵・運筆ドリル

自由にお絵かきするのも良いですが、3歳になると、線の内側を塗る「塗り絵」や線をなぞる「運筆ドリル」もできるようになってきます。

 

ルールを理解して取り組むことも、お絵かきとは違った知的好奇心をくすぐるようで、気に入ってやっています。

 

また、はじめのうちは鉛筆などを握って書いていますが、持ち方を教えてあげると、練習できるようにもなってきます。

 

3歳児 おもちゃ 手作り

おもちゃではありませんが、突然の雨などでどこにも行けないときのために、ぜひストックしておきたいものが、

  • 小麦粉
  • 重曹

小麦粉は粘土用に、重曹と酢は化学反応を起こしてシュワシュワ〜となるのがおもしろく、重曹と酢があると、粘土だけよりも遊びの幅が広がって時間も稼げます。

 

3歳の息子のお気に入りは、大きなトレイに小麦粉粘土で森をつくること。

山や川もつくり、そこにミニカーや小さな動物のおもちゃをおいていきます。

ここで、気分が乗れば絵の具で色を付けることも。

 

そして、山の部分に穴を開けて重曹を投入。

そこに酢を流し込むと、シュワシュワ〜とまるで山が噴火しているようになります。

 

山が削られ、マグマが川から海へ・・・海水が上昇し、土地が減り、動物たちの居場所がなくなっていきます・・・なんて壮大!

 

難しいものではありませんが、科学と地学の勉強になるので、今流行のSTEM教育みたいで大人的にも気に入っています。

 

3歳の息子は大喜び。

なので、我が家は、小麦粉、重曹、酢は必ずストックしています。

 

まとめ

雨の日の室内遊びは、子育て中の悩みの1つ。

おもちゃに頼りたいけど、おもちゃへの興味も長くは続かない。

そこで、3歳の子供の興味が続くおもちゃを紹介しました。

無駄な出費をせずに、雨の日を快適に過ごしたい。

新しいおもちゃを購入する際の参考になれば幸いです。