ドイツ・クリスマスマーケット大阪【2021】いつからいつまで?混雑や駐車場

クリスマスおでかけ

大阪梅田スカイビルでは、毎年11月中旬から12月25日までの間、「ドイツ・クリスマスマーケット大阪」というイベントが行われます。

ドイツなどのヨーロッパの各都市では、クリスマスの準備を4週間前くらいから始めます。その間に広場のあちこちで行われるのがクリスマスマーケットです。ここでは、クリスマスらしいイルミネーションに飾られた木造家屋の屋台が登場し、可愛らしいお菓子やクリスマスオーナメント、フランクフルトなどを販売します。

ドイツ・クリスマスマーケット大阪はヨーロッパで行われているクリスマスマーケットの雰囲気を味わえるイベントです。

この記事では、ドイツ・クリスマスマーケット大阪はいつからいつまで?混雑、駐車場などについてまとめました。

 

スポンサーリンク

ドイツ・クリスマスマーケット大阪はいつからいつまで

ドイツ・クリスマスマーケット大阪2019

開催期間
2019年11月15日(金)~12月25日(水)

開催時間
月~木 12:00~21:00 / 金 12:00~22:00 / 土、日、祝 11:00~22:00

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪2020

開催中止

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪2021

未定

 

スポンサーリンク

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の混雑

12月中旬からクリスマス当日にかけては平日でも大変混雑します。混雑を避けるのであれば11月の平日に出かけるのがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の駐車場

臨時駐車場棟はありませんので、付近の有料駐車場を利用することになります。

梅田シティ駐車場

住所

大阪府大阪市北区大淀中1-1-88

収容台数

460台(内時間貸しスペース160台含む)

営業時間

5:00~24:00

料金

250円/30分(最初の1時間迄500円)

※入庫から30分以内のご利用に限る/超過時は、最初からの料金を課金

※24時間最大1,800円/24H

ウェスティンホテル駐車場

住所

大阪府大阪市北区大淀中1丁目1−20 新梅田シティ内

営業時間

24時間営業

料金

1時間1,000円 以後30分ごとに500円

車高制限

2.1メートル

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の巨大クリスマスツリー

会場内には、27メートルという高さを誇る巨大なクリスマスツリーが登場しますが、その総電球数は20万個にも及ぶそうです。そしてこのクリスマスツリーは、中を通り抜けることができるのです。
多くの人が、この巨大なクリスマスツリーを背景に写真を撮っていました。

 

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪のヒュッテ

会場内には、「ヒュッテ」と呼ばれる木製の小屋がいくつも並びますが、このヒュッテで食べ物や装飾品等が販売されています。
ヒュッテは本場ドイツから運ばれてきたもので、色とりどりの装飾がされています。ヒュッテの店員さんは大半がドイツ人という徹底ぶりも、さすがドイツのクリスマスだな、と感心します。

片言の日本語で接客してくださった店員さんもいました。

ヒュッテでは、ピザやホットワイン、シュトーレン、プレッシェル、焼きウイナー、焼きアーモンド、クリスマスオーナメントなどが販売されています。
ホットワインはマグカップに入っているのですが、このマグカップをそのまま持って帰ってもOKと言うのも嬉しいですね。
マグカップのデザインは毎年かわるので、毎年クリスマス前にこの「ドイツのクリスマス」を訪れてコレクトしていると言う人も少なくありません。

今年はどんなデザインなのかと、楽しみにしていると話す人も多いです。

ワインは赤ワイン・白ワイン・ノンアルコールワイン(子供向け)がありますが、苦手だという人にはココアも販売されています。

また、マグカップだけを購入することも可能です。

2019年のヒュッテで販売されていた物の値段の一例は以下の通りです。

ワイン(マグカップ付き)970円

ココア(マグカップ付き)700円

マグカップのみ 500円

ドイツピザ 600円

プレッシェル 300円

 

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の大道芸

曜日や時間によっては、聖ニコラスが登場し、大道芸のパフォーマンスもありました。

2019年は、金土日祝日の18時ごろに聖ニコラスが登場し、月水金の16時ごろと~0時ごろと土日の12時~17時に大道芸パフォーマンスが行われていました。

 

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の滝見小路

ヒュッテの料理だけでは物足りないという人は、大阪スカイビルの地下1階にある「滝見小路」にいくと、20軒以上のいろいろなお店があります。

ここは昭和時代のレトロな街並みを再現しているので、アラフィフ世代以降の人にとっては懐かしい雰囲気を味わえるでしょう。
ヨドバシカメラなども近いし、梅田の阪急三番街やホワイティー梅田、JR梅田のルクアや大丸大阪店、阪神百貨店なども近いので、飲食で不自由することはないでしょう。

 

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の空中庭園

3階からエレベーターで35階の空中庭園に行って、その後シースルーの空中エスカレーターで39階まで行き、チケットカウンターで空中庭園のチケットを買って、40階の空中庭園から大阪の街並みや遠くの景色を眺めるのもお勧めです。

六甲山脈や関西国際空港なども見ることができます。

夜は夜景もきれいでロマンチックでしょう。

そして、40階には恋愛成就を願う「空中庭園大明神」を祀る社があります。

 

 

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の基本情報

開催場所

新梅田シティ・ワンダースクエア(梅田スカイビル1F広場)

住所

大阪府大阪市北区大淀中1-1

アクセス

【電車】JR大阪駅から徒歩7分、阪急電鉄・地下鉄大阪梅田駅から徒歩9分、阪神電鉄大阪梅田駅から徒歩13分

【車】阪神高速「梅田IC」より約3分

駐車場

460台

500円/1時間、以降250円/30分

入場無料

 

まとめ

大阪梅田スカイビルで毎年冬に行われているドイツのクリスマスの入場料は、0円(無料)です。

見に行くだけなら出費は全くかからないので、雰囲気だけでも味わうと良いでしょう。