佐々木あさひの兄弟など家族構成は?動画に登場する弟は何者?

理容師youtuber
スポンサーリンク

美容系youtuber佐々木あさひさんは、メイクのやり方をとても分かりやすく説明してくれるので普段のメイクの参考にしやすいです。

コラボ企画も多いのでとても楽しく見ることができるのも魅力の一つだと思います。

また、キャラクターになりきるメイク企画なども面白いです。

特にディズニーキャラクターになりきる企画はとても楽しく見ることができました。

この記事では、佐々木あさひの兄弟など家族構成は?動画に登場する弟は何者?についてまとめました!

 

スポンサーリンク

佐々木あさひの兄弟など家族構成は?

 

元祖美容系YouTuber「佐々木あさひ」さん、本当にお綺麗ですよね!

メイクアップの概念を超えた美しいパフォーマンスの数々は、見ていて飽きません!

今日はそんな「佐々木あさひ」さんのご家族について紹介していきます!

 

現在「佐々木あさひ」さんは37歳(2022年1月現在)。

1984年8月17日生まれだそうです!

動画投稿を開始されたのは2007年ですが、本当に変わらずお美しい!

 

そんな「佐々木あさひ」さんはなんと4人姉弟の長女!

「佐々木あさひ」さん・次女さん・長男さん・次男さんという構成になっています。

ご結婚されているのは次女さんのみで、お子さんもいらっしゃるようですね!

SNSでは、お父様の古希・お母様の還暦を家族みんなでお祝いする様子が

アップされています。本当に仲が良いのが伝わってきますね!

 

 

スポンサーリンク

佐々木あさひ弟のプロフィール

 

先述しました「佐々木あさひ」さんの弟、姉弟の末っ子にあたる

「HIROMUNIERU」さんもYouTuberとして活動しているのをご存じでしたか?

 

実は「佐々木あさひ」さんの動画にも登場しています!

https://youtu.be/BMvlzcAiNnU

 

次はこの「HIROMUNIERU」さんにフォーカスを当てていきます!

 

名前:HIUROMUNIERU(ヒロムニエル)
本名:佐々木 ひろむ
年齢:31歳(2022年1月現在)
生年月日:1990年8月8日生まれ
出身:東京都
身長:非公開
血液型:AB型

 

「HIROMUNIERU」さんは「佐々木あさひ」さんの動画を手伝う形で、

2019年頃から動画に出演されていました。

 

「佐々木あさひ」さんが長期で海外に行っていた際、チャンネルを任されていたのが、

何を隠そうこの「HIROMUNIERU」さんなのです!

 

現在はYouTuberとして活動しておられますが、実はとっても興味深い経歴の

持ち主です!

 

「HIROMUNIERU」さんは理容専門学校を卒業後、理容師として働いていました。

そして2015年頃、あるテレビ番組に感化され、世界中をバックパッカーとして

旅行。その時に、さまざまな服装・髪型を写真に収めます。

さすが元理容師!異文化の服装や髪型に興味を持たれたんでしょうね!

そしてこの時期から独学でカメラ技術を習得。

 

とあるきっかけからヘッドアート(髪型の概念を超え、頭部をどれほど斬新に

デザイン・装飾できるかというアートの世界)へ!

世界中の異文化に触れ、元理容師としての感覚が揺さぶられたんでしょうね!

 

2019年このヘッドアートの作品をYouTube「HIROMUNIERU。」で投稿!

 

同時期に「佐々木あさひ」さんの動画のお手伝いも開始され、

Photoshop(写真・画像編集ソフト)を独学で習得!

 

現在はYouTube活動・ポートレートカメラマンの仕事を主にされているようです。

 

何でも器用にこなしてしまうところは、流石「佐々木あさひ」さんの弟さんですね!

 

 

佐々木あさひの弟の仕事や収入は?

 

先述したとおり「HIROMUNIERU」さんは現在ポートレートカメラマンもされています。

主に成人式や結婚式の前撮り写真など、出張でカメラマンをしているようです!

SNSでいくつかお写真を拝見することができますが、「HIROMUNIERU」さんにしか

表現できない自由ですばらしいお写真ばかりです!

 

また「奇人変人写真集2019」という写真集も販売されています。

SNSにアップしたヘッドアートを集め、数量限定の手作り販売だったそうです!

本当に勢力的に活動されていますね!

 

YouTube「HIROMUNIERU。」は登録者数7.7万人(2022年1月現在)で、

おそらく年間60万円ほどの収益ではないかと推測されます。

動画内でも「我が道を行きすぎて貧乏」と言われていたので、YouTubeだけでは

正直厳しいところがあるのかもしれませんね。