アキロゼの前世(中の人)は?顔バレや結婚、手術なども調査

パラダイスyoutuber

アキロゼは、2018年6月1日より活動を開始したホロライブ1期生のVtuber。

異世界からやってきたハーフエルフの女子高生であり、宙に浮いているツインテールがトレードマーク。

 

この記事では気になる、

アキロゼの前世(中の人)は?顔バレや結婚、手術なども調査

についてまとめました!

 

 

スポンサーリンク

アキロゼ 前世(中の人)

本名は「アキ・ローゼンタール」という名ですが、少し長いのでアキロゼという愛称で呼ばれています。

落ち着いた声で癒しを与えており、ロゼ隊というコアなファンもいるようです。

そんなアキロゼさんの前世(中の人)は一体どのような人物なのでしょうか。

 

噂では、ツイキャス配信者の「みゆき」という人物ではないかとされています。

噂の根拠として、

 

・声質が似ている

両者の声を聞き比べてみると、声質や話し方の雰囲気がとても似ています。

どちらも癒し系の落ち着いた声が特徴的です。

 

・ベリーダンサー

アキロゼさんはベリーダンスが得意で、世界初のバーチャルベリーダンサーを目指しています。

前世(中の人)もツイキャスの中でベリーダンスを習っていると話していたようです。

 

他にも猫の名前が似ている、初期の配信環境が同じなど様々な理由があり、前世(中の人)はみゆきさんではないかと言われています。

 

 

スポンサーリンク

アキロゼ 顔バレ

現在顔バレはしていません。

以前、お鍋に反射してアキロゼさんの顔が写っていたようですが、それもすぐに削除されています。

どのような人なのか気になりますが、謎に包まれている感じもVTuberには必要なのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

アキロゼ 結婚

アキロゼさんは既婚者で子持ちだという噂があります。

本当なのでしょうか。

ただ、料理動画が多いことや飼っているペットが実は人間の男の子ではないかなど、少し解釈が荒い気がします。

これだけではアキロゼさんが既婚者&子持ちだとは断定できません。

 

 

アキロゼ 手術

声帯の手術で2週間ほど休養したことがあります。

Twitterでは「パッと治るものじゃないのがもどかしいけど」「必ず戻ってくるので少し待っててね」とファンに向けたコメントを上げています。

アキロゼさんは喘息とアレルギーがあり、それが原因で声帯にダメージがいきやすいそう。

アキロゼさんが一番辛く苦しい思いをしていると思いますが、それを見せず、ファンに心配かけないように明るく振舞っている姿に感動してしまいます。

 

 

アキロゼ オススメ動画配信

様々なジャンルの動画を配信しているアキロゼさん。

今回はオススメの動画配信をご紹介します。

まず、アキロゼさんと言えば「音フェチ」ですよね。

バイノーラルマイクを使用したASMR配信が多く、耳かき音や炭酸音、咀嚼など音フェチにはたまらない動画だと思います。

https://youtu.be/RkgOqIaLgfw

 

次にゲーム配信ですが、中でもホラーゲームの実況では「絶叫のプロ」と呼ばれるほど。

恐怖のあまり何げないところで絶叫したり、自分で引いたピアノ音に驚いたりと、すごく怖がりなのが分かります。

アキロゼさんのホラー実況を見るときは、音量に注意です。

https://youtu.be/MFl7xd2GlTM

 

 

アキロゼ 初配信

アキロゼさんの初配信を覚えていますか。

ノイズ音がすごく、何を話しているかもあまり聞き取れません。

アキロゼさんも「これはホラーだよ」「YouTubeの初配信がこれってひどすぎない」など、

自身の初配信に対して呆れていました。

そこから今の動画配信になるまで、すごい成長を遂げているのではないでしょうか。

https://youtu.be/QBwS7N0fjXY

 

 

アキロゼ プロフィール

画像

出典:https://twitter.com/akirosenthal

 

誕生日は2月17日、年齢は217歳、異世界からきたハーフエルフです。

好奇心旺盛で、色んなことに挑戦していくタイプ。

「食欲のアキ」と呼ばれるほどの食いしん坊だそうで、Twitterでよく飯テロをしています。

 

 

アキロゼ まとめ

今回は可愛い見た目と癒しボイスが人気のアキロゼさんについて紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

知れば知るほど、アキロゼさんの魅力に惹かれていきますよね。

声帯の手術なども受けているので、喉の調子などがとても心配になりますが、これからもアキロゼさんの甘く優しい声を配信し続けてほしいです。

今後もたくさん新しいことにチャレンジしていくアキロゼさんから目が離せません。